ユースカジノ攻略法 マーチンゲール法

マーチンゲール法

ユースカジノには、スロットやルーレットなど、楽しめるゲームがたくさんあります。

必ず勝てる方法」はありませんが、「理論上必ず勝てる方法」があります。それは、「マーチンゲール法」です。

この「マーチンゲール法」は、勝率50%配当2倍のゲームに有効な攻略法です。

ルーレットが一番わかりやすいかと思います。ルーレットで、赤か黒に賭けると、勝率は50%。配当は2倍。ピタリと当てはまりますね。

他には、「パーレー法」という攻略法もあります。
パーレー法については、こちらのページで解説しています。

ユースカジノ公式サイトはこちら

ルーレットでのマーチンゲール法

マーチンゲール法のルールは、
〇負けたら、次は倍額を賭ける
〇勝ったら、掛け金をもとに戻す
たったこれだけです。

負け続けても、勝った時に最初の賭け金額が利益となります。

マーチンゲール法の具体例

具体的な例で見ていきましょう。

〇$1から始める
〇ルーレットで、「赤」に賭け続ける

ゲーム回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
賭け金 $1 $2 $4 $8 $16 $32
勝敗 × × × × ×
全賭け金 $1 $3 $7 $15 $31 $63
全配当 0 0 0 0 0 $64
収支 -$1 -$3 -$7 -$15 -$31 $1

1回目:$1賭けて、黒、負け 計$1の負け
2回目:倍の$2賭けて、黒、負け 計$3の負け
3回目:倍の$4賭けて、黒、負け 計$7の負け
4回目:倍の$8賭けて、黒、負け 計$15の負け
5回目:倍の$16賭けて、黒、負け 計$31の負け
6回目:倍の$32賭けて、赤、勝ち 計$1の利益

何回負け続けても、理論上、最終的に利益となって終わります。

マーチンゲール法の落とし穴

落とし穴 1 資金

$1から始めて、10回負け続けると、11回目の賭け金は、約$1000です。
累計賭け金は、$2000。

仮に19回負け続けたら、20回目の賭け金は約$50万、5000万円です。
累計賭け金は、1億円です。

これだけの資金があっても、次また負けるとさらに倍の資金が必要となります。

マーチンゲール法は、理論上負けない方法ですが、「資金の枯渇」という落とし穴があります。

落とし穴 2 賭け金の上限額

仮に十分すぎる資金があっても、オンラインカジノでは、一度に賭けることができる金額に上限が設けられています。

このルーレットでは、$5000が上限です。
下限が$1です。$1からマーチンゲール法でゲームを始めても、もし13回負けたら、14回目に賭けるべき$8000は、上限を超えます。

この時点で、マーチンゲール法ができなくなってしまいます。

おわりに

確率からいうと、10回連続で「黒」になるのは、1000回に1回程度です。めったに起こりません。ですから、$1から始めて、負けたら倍賭ける。勝ったら、また$1から始める。

これで、マイナスになることは、ほぼないといえます。

このように「マーチンゲール法」でルーレットをすると、ワクワク感を味わいながら長く楽しめます。

そして、最終的に利益が出ていれば、もう言うことなしですね。

ユースカジノ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました